ROOM DAIKANYAMA

SeoRi

 

LET YOURSELF BLOSSOM.

美食同源の旅を終えて


今回で3回目となったリトリート もう慣れたものでしょう?とはなかなか行かず Keiko&Asamiはおとぼけ満載なのでShinzoさんはいつもワクワクドキドキ

マウイから帰国してあっとうまに今年が終わろうとしています、、、(汗)

でも今回の旅も本当に豊かな出会いとときめきでいっぱい

今になって想像もしてなかったほどの喜びや気づきを与えてもらってる


私はとにかく海が好きで好きで好きで好きで

潮風の中で軽やかなドレスを一枚纏って大好きな音楽があれば

いつまでだって踊って入られます

その時間が一番自分らくいられる

リトリートの合間 ほんの少しだったけど一人になれる時間があって 海で踊っていました その帰り道

いつも以上に強烈に自分の体の声を感じてた

自分の体を抱きしめながら

そか、いつか、いつか、この体が動かなくなる時が必ず来るよね

当たり前にわかってたことだし しみじみを考えても仕方のないことだと思ってたこと

でも思ったの

この体を脱ぎ離れるときに

私は何を思うだろう、、、、

ああ、楽しかった幸せだったありがとう

楽しかったらら?幸せだったから?って感謝して終われるかな?って

なんだかそれだけじゃ全然体は喜ばないってわかってしまった

この体でなくては成し遂げられないことを精一杯やって欲しかった

細胞の一つ残らずが使命を果たすように

精一杯生かして欲しかった

ってがっかりするんだよ、、、、

美しいサンセットを見つめながら 自分の体を抱きしめて耳を傾けてた

ずっと聞こえないようにしていたこと

聞いてしまったなあ

ついに箱を開けてしまったな

ということだけはその時わかったんだなあ、、、、

そして、時は流れ12月に入り

ユニバースはものすごいスピードで動き始めてる

私が今すぐなれるもので これまでなろうとしてこなかったこと これまで自分として選んでこなかったこと

偽りよりも真実の方が大きくあるのに

その広大さを避けてきていたこと これまでやってこなかったことが ジャジャンと浮き彫りになってきて 現れている もう自分を置き去りにすることなく

自分から自分を遠ざけることなく

いますぐ それを選べるとしたら?


0回の閲覧

© copyright Room Daikanyama SeoRi All Rights Reserved