ROOM DAIKANYAMA

SeoRi

 

LET YOURSELF BLOSSOM.

魂の目的



「私の魂の目的は何ですか?」

リーディングをしていると時々聞かれることがある

オーラの中には色とか画像というものが沢山入ってて

リーディングではそれをテーマに沿って引き出しては読み解いていく

その人なりの特徴だったり拘りだったり癖だったり 初対面の私には知るはずもないようなことが浮かんでいたりして それを紐解く中で魂の目的なんかが出てきたりする

クライアントさんは改めて自分のチャレンジになってきた問題を 違った角度から見れたりするようになって 行き止まっていた場所に光が差して可能性の扉が開く リーディングセッション

その瞬間が私の中で興奮するとき ほんの僅かに開いてくれたその隙間のチャンスを 逃さないようにバーンとこじ開けて踏み込むと

堰を切ったように沢山の情報をオープンしてくれる そうなったら、エナジーはどんどん変化を始める オーラの色も質感もあっという間に変わり始める リーディングはヒーリング すべてのセッションにおいて私がフォーカスしていることは 生命力の光をお渡しすること 生きる力となるパワーを受け取っていただけるように最善を尽くす

何のために生まれてきたんだろう、、、 というのはおそらく誰しも一度は考えたことあるんじゃないかな

もし、自分の魂の目的が実感出来ていなくて

それを知りたいと思うのなら

すぐに出来るシンプルなこと

自分の体をよくよく観察してほしい まずは手を見てみるの

私たちは魂の目的がちゃんと果たせる最高の条件を兼ね備えたBODYを選んで生まれてきている そのために両親を選び、タイミングや場所だって選んでる

手には人と成りが現れているの

魂の目的についてを今日書いているのは

あるひとのSNSの記事で ごめんなさいの使い方がアメリカ人と日本人では随分違ってて

文化的な違いについて盛り上がってたのを目にして Thank youを多用するアメリカ人と I am sorry とすぐ言っちゃう日本人のお話だったかな あるある、確かにある 実際、海外に暮らしたりした日本人は特に感じるのでしょう

結論から話す文化のアメリカ人 もやっと遠回しで伝える日本人 どちらを肯定するでも否定するわけじゃなくて私が言いたいのは

長い歴史において「気」というものに豊かな感性を磨いてきたのが日本人 曖昧な表現で形容するのは察する力が備わっている人種だから 目には見えない「気の文化」があふれる日本には茶道や華道や香道や言葉の文化がある

はっきり言ってくれたらわかるのに! なんて口答えをたまに聞きますが アメリカナイズされてるな〜と面白い物の見方しちゃう 謙虚であらねばならないという想いがずれて 行き過ぎた謙遜が自己否定につながることが多々ありますがドンマイドンマイ 察する心づかいってその美しさは色気でもある 謙虚な人って最高の褒め言葉

そんな美しき文化が身につく日本を選んで生まれてきた訳があるのです ともかく自分はどこに生まれてきてますか?ってところです で、どこに惹かれてる?ってこと 魂の目的にたどり着いちゃうようなヒントがあったりするから面白いでしょ?


2回の閲覧

© copyright Room Daikanyama SeoRi All Rights Reserved